6月 032012
 

2013年2月25日に新たな記事を書きました。

現在行われている、楽天スーパーセールは最大ポイント50倍を謳っていますが、その詳細を見ればわかるとおり、実質+15~24倍程度になると思われます。そのため、 いかに効率よく、無駄がなく損をしない買い方ができるかどうかがポイントになると思います。以下、私がざっと挙げた4つのポイントを書いていきます。完全に網羅なんかはできませんので、参考までに。

1 比較的無理なく実現できるのは+15~24倍

比較の表を作成してみました。(画像をクリックすると拡大)
 楽天スーパーセールの50倍ポイントと実際のポイントの比較

もちろん、その人の楽天サービスの利用状況に左右されますが、こんなもんじゃないでしょうかね。
そのほか、

なんかもあったりするので、多少上振れする可能性は高いです。

2 価格に騙されない

あってはならないことだと思いますが、通常より価格が高くなるショップもあります。これがわかるのは次のポイントを。

3 事前に「買いたいものリスト」を作成しておく

楽天をよく利用される方はご存知のとおり、今回のスーパーセールのポイント付与の大半は、期間限定ポイントとして付与されます。
しかも、期間限定ポイントはある月の20日頃に付与され、その月末までが使用期限と期間が短いため、私は、効率的にこの期間限定ポイントを使っていくため、日ごろから「買いたいものリスト」を作成しています。
リストと言っても、ブラウザの「お気に入り」に「買いたいものリスト」フォルダを作成し、商品のURLや商品検索結果URLをためてあります。また、追加するつど、買う優先順位の見直しをしています。
その結果、ある程度事前に相場がわかってますので、「あ、これは安い」とか判断がつくので、「バーゲン値上げ」に引っかからなくなると思います。

4 10店舗買いまわりも頭を使う

基本的には、ある程度「大きい金額の買いたいもの」があって、ポイント付与や値下げも含めお買い得と判断できるときは、その商品を買うことから決めていきます。
問題は、金額が大きいものは「送料無料」であったりして、あまり深く考えなくてもいいんですが、価格が低い商品を買いまわる場合は「送料無料かどうか」が重要になります。
そして、買いまわりの条件は「1,000円(税込)以上の買い物」に限られるので、送料が影響する割合が高くなりがちです。

  • 送料は5,000円や10,000円以上購入の場合で無料になることが多い
  • 送料は店舗により、200円程度から1,000円以上と幅が非常に大きい
  • 商品価格は安いが送料が高いなんていうのは結構よく見られるので、トータルコストに注意をする。(送料はポイント付与されません)
  • 傾向ですが、大手ショップが直接出店している場合は、送料が安い傾向にあります。

私は、音楽鑑賞が趣味なので、よくCDを買うのですが、輸入盤になると、楽天は在庫が少なく、amazonや大手レコードショップに比べかなり割高になります。なので、価格差が少ない国内盤が欲しい場合などに絞って日ごろから買いたいCDもリストアップをしています。(新譜というより、過去にミュージシャンを遡っていく場合です)
意外と、国内盤の場合、送料無料にしているショップが多いです。

あと、どうしても買いまわり店舗数は2,3足りない場合は、大手ショップの出店をチェックすれば、意外と普段実店舗で買ってるものを、この機会に購入すればなんとかなると思います。(実店舗や、直営オンラインショップのほうがポイント還元率が高かったりする場合もあるので、注意です)
実店舗があるアパレル系でも楽天出店が意外とあるので、自分のよく買う店はチェックしてみるといいです。今回見た感じ、7月の夏のバーゲン前のセールをちょっとやってる店がちらほらありました。

以上、4つ上げてみました。
今回のスーパーセールは、カードの支払い時期がボーナス後になるため、夏のバーゲンセールの先取りの買い物ができるので、比較的買う商品が見つかりました。
前回は3月で今回まで期間が短いですが、今後はボーナス前の月頭とかでやっていくんじゃないんですかね。あくまで想像ですが。

Sorry, the comment form is closed at this time.