8月 252012
 

ビーチボーイズ観に行ってきました(2012年8月16日(木))

午前中に仕事を終わらせて、一旦家に帰って、シエスタ(昼寝)してからQVCマリンへ向かう。
16:30から星野源だったけど、17:30からのAmericaに合わせて行きました。

QVCマリンからの風景。APAホテル(旧・幕張プリンス)がゴールデンなのが美しい。いいライブの予感。


ビーチ・ボーイズ自体はどっちかというと、初期のサーフミュージックを海でかけて踊るのが好きな種族に属しているので、Surfin’ Safariとか、Barbara Annが好みで、2005年のフジロックのときも、死ぬほど踊ったんですが、もちろん、Pet Soundsも好きです。
で、基本的には、QVCマリンがイス有りの時点で「見送ろうかな」とか思ってたんですが、今年の新譜「That’s Why God Made The Radio」を聞いて、考えが変わりました。
このThat’s Why God Made The Radioっていう曲の歌詞が素晴らしすぎて。カッコよすぎて。

コーラス部分(サビ)
That’s why God made the radio
だから神様はラジオを作ってくれた
So tune right in everywhere you go
どこへ行っても聞けるように
He waved his hand, gave us rock’n’roll
神様は、手を横に振って、ロックンロールを与えてくれた
The soundtrack of falling in love
恋に落ちるための音楽を

いや、これがカッコよすぎて、そしてコーラスワークが美しすぎて。

「ジジイども!カッコよすぎるぜ!!」

ということで、これは行かないと。と。
オークションも考えたんだけど、気づいたら当日引換券で。

で、前座?のAmerica。
素晴らしかったね。自分の世代からいうと、Coralの2ndみたい。超アバウトな感覚で。良かったです。

このくらいの時間のQVCマリンはマジックアワーで、素晴らしい空の色。空気感。
夏の野外でも、ここでしか味わえない感じがあります。

で、ビーチボーイズ

凄くよかったです。
自分の位置からだと、3塁側ベンチの上で、多少音質に難有り。
ビーチボーイズみたいなきれいなコーラスワークのライブだと、PA前のある程度後ろがいいでしょうね。

セットリストは畳み掛けるように数曲ごとに組まれていて、要所でヒットソングを置いてくる感じ。

(友人が撮影した紙より)

行をあけてないところはつながって演奏されていたと思います。
最初のブロックで、いきなりSurfin’ Safari!激アガり。
Surfer Girlで浸る。
また、怒涛の演奏。で、I Get Around。飛ぶね。

そんな感じでライブは続くんですが、やっぱりブライアンのソロ部分ね。
自分遠くて、あんまり見えないし、音も悪いんで自信はないんですが、ほとんど動いてなかった。
歌声はなぁ。ぼやけ気味だった気がするなぁ。でも、それでもいいんだなぁ。歌ってくれるだけで。

Forever(映像がデニス・ウィルソン)も、God Only Knows(映像がカール・ウィルソン)も、泣けてきた。まさしくリンク先の映像。
君無しの僕がどうなるなんて神様しかしらない。
Wouldn’t It Be Nice。結婚ソング。そして、超名曲。

友達の結婚式でまだ、だれも使ってない曲。そんな話を帰りに飲みながら話しました。

ピークはやっぱり、Good Vibrations
最強の曲だよなぁ。ぶっちぎってる。
その後、セットリストのとおり、ぶち上げて、KOKOMOでクリストファークロスの歌声を聞いて、
Barbara AnnFun, Fun, Fun

いやー、凄いライブだった。多分、もう日本では最後かな、とも思いましたが、こんな最高なら最高の思い出とともに、記憶にしまうのもいいのかもしれない。

で、その映像はWOWOWで!てか、普通にブルーレイで出してよ!

Sorry, the comment form is closed at this time.