6月 252012
 

Jamiroquaiを3曲で説明してみます。

Jamiroquai(ジャミロクワイ)は、UKのバンドで、1992年にデビュー。今までに7枚のスタジオアルバムを出しています。
もっとも売れたのは、1996年の3rdアルバムの「Travelling Without Moving」。
次に紹介する曲をリードシングルとして発売されました。

<1曲目>Virtual Insanity

Jonathan Glazerが監督した、大傑作プロモーション・ヴィデオ。
ちなみに、床が動いているのではなく、部屋が動いているらしいです。
当時は、Jamiroquaiが日本に溢れていました。
彼らを代表する曲でしょう。

ちなみに、Jamiroquaiはバンド名で、ヴォーカルはJay Kay(ジェイ・ケイ)と言います。

<2曲目>Space Cowboy

1994年発売の2ndアルバム「The Return of the Space Cowboy」から。これも彼らの代表曲の1つ。
jamiroquaiと言えば、なんともいえない近未来感と宇宙っぽさ。
そして、ヴォーカルであるジェイ・ケイのこの無重力ダンス(?)は、バンドの象徴です。
また、PVのカッコよさもバンドのクールさを表していたと思います。
現在はメンバーから脱退している、Stuart Zender(bass)、Tobby Smith(key)も素晴らしく輝いている1曲でしょう。

<3曲目>Canned Heat

1999年発売の4thアルバム「Synkronized」のリードシングル。
デビューから、Jazz FunkやらAcid Jazzというジャンルで語られることが多かった彼らだが、
このアルバムから、リードシングルのディスコ・ファンク化がされる。
このアルバム後の来日公演は、東京ドーム。日本での人気は最高潮であった。

まとめ

7枚ものスタジオアルバムを残し、20年近くにわたり活動している彼らを3曲で説明するのはほぼ不可能なのですが、
自分自身のジャミロクワイ観を元に選んでみました。

こういう、キャリアの長いミュージシャンを聞き漁る際、ベストアルバムというのも選択肢の一つなのですが、
1st~3rdまでは、是非ともオリジナルアルバムで聞いていただきたいとは思います。

そんな彼らは今年、2005年の来日公演以来、(2010年のゲリラライブ除く)久々の日本でのライブとなるサマーソニックへ出演します。

これは、マストでしょう。

視聴のお供 (知識の補強に)

Sorry, the comment form is closed at this time.