8月 052013
 

フジロックフェスティバル’13。一日目に引き続き二日目。土曜日。130727 day2 Sat。

130726_frf07_heaven
(一日目夜にField of Heavenでとったよくある写真)

本日が一番降るとの予報で、宿から長靴を履いて出発。

11:30からのホワイトのチェリーコークスをチラ見してオレンジコートの夏木マリへ。混んどる。
そして、晴れとる。「これはエイミー・マン見ないと!!」ということでグリーンへ。

■12:30~ Aimee Mann at Green Stage
130727_frf01_Aimeemann この晴天だったら、エイミー・マン聞きたいでしょう。知り合いが、レッドのLAMA(ナカコー(iLL/ex.supercar)、フルカワミキ(ex.supercar)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers / toddle)、牛尾憲輔(agraph)による新バンド)を見に行ってるだろうなー、とスーパーカーのような四つ打ちがかすかに聞こえる中、エイミー・マンに浸る。この時、天気予報が、この後30mm/hの大雨を出していることに気づいて、一時避難を決定。

■14:00-19:00 宿
 まさかの宿避難。「本当に降るのかなー」と思ったら、それなりに雨降ってきた。
 潔く、Skinny ListerとDark Starを諦めたのは正解だったか。
 買ってきた酒飲みながら、Twitterで雨の状況を調べる。
 本日は後に観たいのが重なってるから、休息。風呂入って、Bjorkへ。

■20:20~ Bjork at Green Stage
 今までめぐり合わせが悪く、初ビョーク。目当てはHyper-Ballad(LFO”Freak”ver)。

個人的には、3rdアルバム(Homogenic)までよく聞いてて、それ以降アルバム買ったけど頭入ってこない感じですが、ライブ観てよくわかりました。近作のフィーチャーはbjorkの声であり、それがハマるかハマらないかなんだな、と。
やっぱ、HunterとかJoga来ると、感じるものありますね。Homogenicは1997年。高校生の時めっちゃよく聞いたわ。目標のHyper-Ballad終えて、アンコール前にBoys Noizeへ。
—setlist—
01.Cosmogony 02.Hunter 03.Thunderbolt 04.Moon 05.Crystalline 06.Hollow
07.Hidden Place 08.Heirloom 09.One Day 10.Joga 11.Pagan Poetry 12.Army of Me
13.Mutual Core 14.Hyperballad (mixed with “Freak” by LFO) 15.Pluto 16.Náttúra 

■21:30~ Boys Noize at Red Maquee
130727_frf02_boysnoize 本日のお目当てのBoys Noize。玉石混合の現在のEDMエレクトロシーンのちょい前からシーンを引っ張る硬派なサウンドが特徴の彼。Daft Punk,Justice直系の彼ですが、新譜が断然よく、直前に発表されたEPには、彼らしくない激幸福なディスコ・アシッドトラックぶっ放してきたんで、期待でしたが、この曲は持ってかれるわ。starwin。今年のキラーチューン。朝、職場の最寄り駅降りてから、これかけ始めると激アガります。


すごくない?Boys Noizeがこの曲出してくるとかさ。確変モード入ったかと思ったよ。
レッドマーキーの天井に、星空が見えたよ。

ま、個人的に盛り上がったのは、XTC。

フジのセットは、この映像の通りスカルヘッド。
この日のベストアクト。今年の映像が早くもyoutubeに

■23:00~ Feed Me at Green Stage
すでに、Boys Noizeで踊りまくった後、この連ちゃんはやっぱキツイ。食傷気味。
軽く踊って宿へ帰る。

翌日へ続く。

Sorry, the comment form is closed at this time.