8月 042013
 

昨年に引き続き、フジロックへ行ってきました。130726 day1 Fri。

130726_frf01_gate
昼前越後湯沢着、宿に荷物を置いて Ron Sexsmithへ。

■13:55~ Ron Sexsmith at Red Marquee
 完全にGreen向きのロン・セクスミスですが、いろいろ考えると、マイブラがTokyo Rocksキャンセル後入ってきたりしたりなんだで、レッドに入れられちゃった感は否めない。ロン・セクスミスがレッドはあり得んだろう、と思いながら。相変わらず、いい歌。

■15:50~ FUN. at Green Stage
130726_frf02_fun FUN.はQueen好きでもある自分としてはマスト。実際問題、あんだけキーの高いVocalがどれだけ安定しているのか、というところも興味がありましたが、めちゃ安定していた。すげぇ。声質もQueenのフレディ・マーキュリーに似ていると言われて、再来だの言われてますが、Queenの再結成ライブがあるとしたら当確なんじゃないか、と。見た目さわやかすぎますが。
 FUN.の最もQUEENしている曲はSome Nights(intro)Some Nights。自分の年代でもQueenファン歴十数年とか行くわけだから怖いよね。しかし、あまりに歌声が綺麗すぎて、ちょびっと泣けた。純粋に歌声に。

■17:30~ My Bloody Valentine
130726_frf03_tohereknowswhen マイブラ。Orange CourtのSparksを観に行こうかと思ったけど、ステージに掲げられた「mbv」の印を観て「ホント、新譜からやってくれるのか!」ということで、期待を込めてモッシュピットへ突入。ステージから見て中央。マイブラと言えば、爆音。前半の曲は単独ライブと同じく抑え目。今年2月のスタジオコーストからどれだけ違うセットで来るかとおもったけどあんまり変わらない。というか時間が短いね。Only Shallowのケヴィンのギターとか恐竜の猛烈な鳴き声のようでしたが、友人とか聞くと、場所によってドラムがでかすぎとかいろいろあったらしい。グリーンステージのウーハーおいてある場所の近くだとドラムでかすぎか。やっぱPA前必須だったんだろうなぁ、と。あ、それでも、屋内の音圧には勝てません。
 写真は、自分が一番好きな”To Here Knows When”の時の映像モニター。スタジオコーストの時より、音がでかくて気持ちよかった。新譜からのWonder 2は、ドラム&ベースレスで打ち込みにギターはめちゃ一杯いる感じでした。

— setlist—
01.I Only Said 02.When You Sleep 03.New You 04.You Never Should 05.Only Tomorrow 06.Come in Alone
07.Only Shallow 08.To Here Knows When 09.Wonder2 10.Soon 11.Feed Me With Your Kiss
12.You Made Me Realise

You Made Me Realiseのノイズピットから戻るくらいから雨が本降りに。
130726_frf04_rain

オレンジコートは泥んこだろうな、と思いながら目指す。
130726_frf05_orange_rain

■19:30~ Tower of Power at Orange Court
130726_frf06_TOP フジロックのオフィシャルサイトでの表記が“宇宙最強のファンク・バンド”。はい、最強でした。これだけ気持ちいいファンクがひたすら続くっていうのはもうほぼ奇跡じゃないか、と思うくらい。初日に出ちゃったのが、逆にほかのファンクバンド見る際に影響を与えちゃうくらい最高でした。結成45年の超ベテランですが、すこしも錆ちゃいない。
本日のベストアクト。

■21:30~ Nine Inch Nails at Green Stage
130726_frf08_NIN 雷鳴が聞こえる度に、Skrillex見るつもりだったのが、「こりゃNIN見ないとあかんな!」という思いが募って、オレンジからグリーンへ。ステージ右側に陣取る。
 再始動後初ライブがこのフジロック。全くどのようなセットリストで来るか不明で、ステージにライトが一つとマイクが一つのみ。youtubeで全編通して見ることができるみたいですが、ライブで感じた、あの圧倒的な音質、稲妻は感じることができないんじゃないか、と。

— setlist—
01.Copy of A 02.Sanctified 03.Came Back Haunted 04.1,000,000 05.March of the Pigs 06.Piggy
07.Reptile 08.Terrible Lie 09.Closer 10.Gave Up 11.Help Me I am In Hell 12.Me, I’m Not 13.Find My Way
14.The Way Out Is Through 15.Wish 16.Survivalism 17.The Good Soldier 18.Only 19.The Hand That Feeds
20.Head Like a Hole 21.Hurt

■23:00~ Skrillex at White Stage
NIN後ダッシュでホワイトへ。
最後の大盛り上がりのいいところを堪能できました。なんかすげーステージだった。

■23:30~ Porter Robinson at Red Marquee
Skrillex後ダッシュでレッドへ。
持ち時間1時間半もあって、ポーターロビンソンは何すんだろ、と思ってましたが、ガチアゲ過ぎのEDMセット。ホントアゲ過ぎ。
結構前から、ポーターロビンソンは好きで楽しみにしてましたが、彼はハイテンションすぎるわ。
100% in the Bitchが春麗(スピニングバードキック)なのが個人的大うけ。

VJ見てても、彼は極度のゲーマーな予感。二次元の少女はヤバいんじゃないか、と・・・
最後の曲は、もちろんLanguage。

この流れだと、ジブリチックなこのPVもえらい理解ができる。

25時。宿へ戻る。翌日へ続く

Sorry, the comment form is closed at this time.