8月 272012
 

Summer Sonic ’12へ行ってきました(後編)2012年8月19日(日)

前編(1日目)から引き続きまして、2日目行きます。

8時ごろ起床。ふくらはぎの筋肉痛がヤバい。歩くのもきつい。
とりあえずJamiroquaiは大阪でキャンセル騒動がありまして、情報収集。(j-loveにまとまってます

どうも、キャンセルは大阪だけっぽいなぁ、と思いながら、掃除洗濯。
昼飯食いながら、酒飲んで、99年東京ドームのジャミロクワイライブCD聴き始めたら、家を出れなくなってきた。
Spector間に合うか…、と思ったら、どうも現地のインフォボードに「ジャミロクワイはやる予定」との情報が。
俄然やる気が出てきて、急いで準備して家を出る。
ここ最近、昼間に通り雨が多いので、早めに干して、出かける前に洗濯物取り込む。
12時10分くらいに出発。

今日は、12:45からSpector(Sonic)→Cast(Mountain)→The Cardigands(Mountain)→Jamiroquai(Marine)→New Order(Mountain)の予定。

さあ、Spector間に合うのか…

13時過ぎSonic Stage到着…
どうしても聞きたかった、Celestineには間に合った!この曲はいい曲だ。(←昔書いた記事へ)

5曲目のCELESTINEからCHEVY THUNDER、そして最後の曲のNEVER FADE AWAYと、いいとこ取り。
この癖のあるボーカルは、曲間にクシを出して、髪のセットを整えるという、キャラ設定。
なんとなく超アバウトな感じでブリティッシュっぽいなぁ、と思う。

酒飲んだりして、ソニックアート(Mountainの隣)で休憩。
そこで観た、Perfumeの人の多さに笑う。こりゃ、凄いことになってんな。

3曲目のポリリズムまで見てCastへ。

Castは、The La’s(There She Goesで有名)のメンバーのバンド。
The La’s自体、リズムギターの刻むリズムが半端なくカッコいいバンドなんですが、Castも同じく最高のリズム刻んでました。
ど真ん中のブリティッシュロックバンドっと言った感じの音楽性。(有名曲をリンク)

いやー、最高でした。今年のサマソニ2日目のベストアクト。

Cardigansまで、ダイノジがDJでDaft PunkのOne More Timeでガンガン盛り上げてるのを横目に腹ごしらえして、酒飲んだりして、Cardigansへ。

Cardigans自体と言うより、プロデューサーのトーレ・ヨハンソンのファンですから、中高は、Cardigans、Bonnie Pink(初期はトーレ・ヨハンソンプロデュース)とかよく聞いてました。

今度は、途中で抜けてジャミロクワイに行く予定だったのでやや後方で見ましたが、ライブが意外にも良い。

1曲目はGran Turismoの1曲目!「The Cardigands plays Gran Turismo」だけあってセット裏もジャケ写。
客も集まり盛り上がってたので、ニーナ嬢(Vo)もゴキゲンに歌っておられました。

1.Paralyzed 2.Erase/Rewind 3.You’re The Storm 4.Higher 5.Hanging Around 6.For What It’s Worth
7.Live And Learn 8.Lovefool 9.Rise & Shine 10.I Need Some Fine Wine And You, You Need To Be Nicer
11.My Favourite Game 12.Give Me Your Eyes 13.Communication

Lovefoolで気持ちよく踊ってたら、横に急に人が。
もう、7年くらい会ってない(2005年のエレグラ以来!)人が立ってました。
マウンテンステージって、1万人くらいいるのに、よくわかったなあ、と思ったんですが。

「後ろから見てて、すぐにわかりましたよ」とのこと…これは恥ずべきことなのか。どうなのか。
奇跡的な出会いで、お互い「すごい偶然ですね!」とか。いやー、ビックリだわ。

その後、My Favorite Gameと聞いてジャミロクワイへ移動!
(この90年代中盤の日本でも洋楽大ヒットアーティストの並び…)

友人と合流して、マリンのアリーナへ。
Kesha終わりくらいで入ったつもりが、押している。
なんかすごい紙吹雪。

で、ジャミロクワイ。
ジャミロクワイに関しては、厳しいです。CDも鬼のように持ってますし、そこそこライブも観てます。

結論から言うと、まあまあ、な感じ。ちなみに70分から60分に短縮(ジェイ・ケイの病状考慮)
1回前のライブ(2005年?)は、アレンジがハードロック寄りになってきて、それよりはいいかなぁ、とも思いますが、
もっとシンプルにいいアレンジが彼らにはあるはず!と思ってしまいます。
無駄に「あれ、元気じゃない?」とか、「このアレンジこう変わってるのか!」とか変な雑念が入ってしまったりして、やはり好きなミュージシャンのライブは、同じツアーで複数回観たほうがいいのかもしれない。

1.Rock Dust Light Star →2.Main Vein →3.Revolution 1993 (確かつながってた)
4.Cosmic Girl 5.High Times 6.Little L 7.Canned Heat 8.Love Foolosophy 9.Alright 10.Deeper Underground

ジャミロクワイのライブと言えば、Deeper Undergroundでとりあえず跳ねて完全燃焼っていう感じですが、全然跳ねる雰囲気なしなのが残念でした。
個人的には、Traveling Without Movingが観れなかったので、そこが残念な感じが強すぎて。という感じ。

30分くらい押していたので、メッセへ。New Order。
それが、凄く良かった。あまり期待してなかったんだけど、ガンガン踊らせる。
客もガンガン盛り上がる。映像も凝ってて、凄くよかった。
しかし、自分の足が破壊しつくされて、踊れなくなってきたので途中から後方で聴く。
Blue Mondayで帰宅。Love Will Tear Us Apartはやるだろうと思ってたけど、そこまで我慢できなかった。

1.Elegia 2.Crystal 3.Regret 4.Ceremony 5.Age of Consent 6.Isolation(Joy Division cover)
7.Krafty (Japanese ver.) 8.Here to Stay 9.Bizarre Love Triangle 10.586
11.The Perfect Kiss 12.True Faith 13.Blue Monday 14.Temptation
Encore:15.Transmission(Joy Division cover) 16.Love Will Tear Us Apart(Joy Division cover)


さすがに、ビーチボーイズから4日連続はきついね。フジからサマソニまでかかった金額をざっと計算すると18万くらいか?
ホント、海外行けちゃうなぁ。こりゃ。

Sorry, the comment form is closed at this time.