8月 262012
 

Sonicmaniaに行ってきました。(2012年8月17日(金))

前日はビーチボーイズで、今度はオールナイトイベントのソニックマニア。
なんと言っても、Madeon目当て。(過去の記事)
この童顔っぷり。18歳。神童または神の子。個人的には、「フレンチテクノの優性遺伝の結晶」。または、自分と音楽の趣味が一緒の少年。

※顔が好みとかではありません。音楽が好みです。そこんとこよろしく。

オールナイトはそのまま行くと、体力が持たないので、15時で無理矢理仕事を仕上げて、時間休。
家でシエスタ。20時ごろ出発。
海浜幕張で酒引っ掛けて行く。すでに、昨日のビーチボーイズのせいか、アルコールあんまり飲めない。

↑シールはMadeon君がライブ中に配ってたシール。(もちろん実際配ってたのはスタッフです)

タイムテーブル。Madeon→2many djs→Zedd→Surkin→Soulwaxの予定。

マップ。サマソニのをそのまま流用(一部地域閉鎖。第7ホール(飲食?))。

入って、物販見て、飲食ブース見て、昨年はものすごく並んだオフィシャルバーでドリンクチケットと酒を交換。テキーラサンライズ。
(去年のソニマニは客入れすぎで、酒買うのに30分以上並ぶという…それでUnderworldのREZ聞き逃す)

Madeon君が出てくるSonicwave(ステージ名)

始まる前までは、全然スカスカだった気がする。
前目、センターを陣取る。

出てきた時の感想「小さい!細い!中学生みたい!」笑
ジャケット着たスタイルで登場でしたが、脱いだら、ビートルズのリボルバーのジャケットのTシャツ着てました。
こういうところが、高校生っぽい。(実際高校生かどうかは知りませんが)
アルコール飲めないので、レッドブルがぶ飲みしながらライブしてました。

印象に残ってる曲。(Madeon君の曲を除く)
Mr.Bright Side(The Killers)Language(Porter Robinson)←前に書いた記事へRaise Your Weapon(Deadmau5)The Night Out(Martin Solveig)←前に書いた記事へJumper(Capusle)←Madeon君のドヤ顔つき、Song 2(Blur)

オリジナル曲は、溶け込んでいる感じで彼が好きな曲をちりばめてDJスタイルというか、最初からセットある程度組んでおいてある感じではありました。そこにエフェクトかけていくのが基本みたいな。彼の最高傑作でもあるPop Cultureは、他の曲と毛色が違いますが、Youtubeの映像と同じように演奏していました。(客が見えるように、機材が前斜めにセッティングしてありました)

この時点で大満足。
酒飲んだりトイレ行ったりして、トイレでニタニタ笑いながら個室入っていて叫んでいる少年を華麗にみんながスルーしたりしているなか、2many djsへ。
(Basement Jaxxがあまりに前世代だったため…時代の流れって怖いね)
ここも、PA前センター(柵脇)をゲット。

1曲目はHey Boy Hey Girl(2many djs remix)じゃなく、Mumbai ScienceのLotus!超カッコいい曲で超アガる!(もしかしたら1曲くらい前に入ってたかも)
映像が、全裸女性が上から石油みたいな液がかかっているという感じ。
その他、遺跡掘ってると思ったら、Justiceの十字架が出てきたりとか。
彼らの定番曲も含めながら、超楽しかったです。やっぱいいところは、MGMT – Kids (Soulwax Remix)がもっていったね。

その後、Zedd。壮絶盛り上がってた!ちょっと加わって終わっちゃって、右端のステージ(Paraone)へ。
多分200人くらい。ちょうど最後で、Daft PunkのPrime time of your lifeのPara One remixだった。
Surkinもガラガラ。休憩。さすがにMadeonから2many djsを連続で踊り続けたらバテました。

最後はSoulwax。
前回のサマソニが良すぎて、その印象が強くて、それに比べれば退屈だったかなぁ。(踊りまくったけど)
足が完全に過労状態になったのは朝5時。始発から2本目で帰宅。

この日は、サマソニがあると考えるとしんどすぎるなぁ。シガーロスがいなければ見に行かなくて済んだのに…
…と、サマソニの記事へと続く

Sorry, the comment form is closed at this time.