4月 202013
 

現在のEDM(Electronic Dance Music)ムーブメント(Skrillex、ZeddMadeonなど)の偉大なるインスピレーション源泉である、Daft Punkの新譜「Random Access Memories」(またタイトルが「RAMs」とはかっこよすぎる!)が5月22日に発売が決定され、今度のアルバムのリードシングル「Get Lucky」がリリース!しかも、ディスコやファンクカテゴリーの新譜であることを示唆させています。 ベースのシンコペーション(グルーヴ)が、明らかにそのカテゴリー。モータウン。
しかし、音楽のムーブメントというのは、約10年周期なんだとよくわかる。幼少・少年期に好きで聞きまくってた人が、成長とともに最新テクノロジーと融合して、10代後半に大量デビュー(EDM)みたいな。で、今、Daft Punkに影響を受けた人たちが大量発生している。(EDMにはJusticeを経由している人たちも一杯いるけど)

Daft Punk – Get Lucky ft. Pharrell Williams

いや、これJamiroquai再評価の流れでしょう!(誇大妄想気味)。モータウンの影響が濃厚な1st-2ndアルバムは、リマスターされ再発されているところですし。

で、ダフト・パンク(Daft Punk)は、フランス出身のハウス/フィルターハウス/エレクトロ・デュオで、トーマ・バンガルテル(Thomas Bangalter、1975年1月3日-)とギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト(Guy-Manuel de Homem-Christo、1974年2月8日-)の2人組(以上wikiより)。1994年にシングル『ニュー・ウェイヴ (The New Wave)』でデビューし、今まで3枚のオリジナルアルバムをリリース。
代表作は、2ndアルバム「Discovery」(2001年)。基本的に、1stアルバム「Homework」(1997年)はフレンチハウスの延長線とエレクトロニクスの融合。それを大幅に昇華させたのが2ndアルバム。3rdアルバム「Human After All」(2005年)は当時、不評な感じもしましたが、まさにミュージシャンのためのアイディアの宝庫のようなアルバムです。

<1曲目>One More Time(Live @ Wireless Festival)

2ndアルバム「Discovery」(2001年)より。当時は、ソニーのVaioのCMソングとして有名で、最近でも、auのCMで使われるなど世代を超えた名曲。
Discoveryというアルバムは、過去の曲から「発見」しサンプリングしたものを曲にしているという恐るべきアルバムで、そういう意味で、ディスカバリー。しかも元ネタがディスコ・ファンクだったりする。それが今度のリードシングル「Get Lucky」で「ああ!!やっぱこっち行くの!!」という驚きであったわけで。

One More Timeのサンプリングの元ネタについてはこれ。
Discovered – Make “One More Time” from “More Spell On You”

<2曲目>Harder, Better, Faster, Stronger

2ndアルバム「Discovery」(2001年)より。本ブログの「Our Work is Never Over」はこの曲より。邦題は「仕事は終わらない」ですが、個人的には「人類の営みは終わらない」という意味と解釈しています。

Harder, Better, Faster, Strongerのサンプリングの元ネタについてはこれ。そのまんまといえばそのまんまですが。
Edwin Birdsong – Cola Bottle Baby

<3曲目>Technologic

3rdアルバム「Human After All」(2005年)より。後続への影響は一番すごいんじゃないか、と。この曲は。CapsuleのJumperとかこの曲のまんまだしただなぁ。

まとめ

すでにレジェンドになりつつあるDaft Punk。ミュージシャンズ・ミュージシャンである彼らが出す新曲は、当然のごとく世界中から注目されているとことですが、ここにきて、実は彼らの原点であるサンプリング元の「ディスコ・ファンク」に回帰するという予想外の展開が「今」です。下記オフィシャルサイトで展開される、コラボレーターとの対話企画も面白いし、ストロークスのジュリアン・カサブランカスもヴォーカル参加しているということで、新譜はとても楽しみです。
EDMは、一瞬として過去のものとなるのか、それともそれをより強力とするのか、今後のムーブメントの行方に注目です。

視聴のお供 (知識の補強に)

Sorry, the comment form is closed at this time.