2月 172013
 

発売したてで、かなりネガティブな評判が広まった、kobo
使ってみたら、普通に良かった。

※本ブログは完全にNonアフィリエイトブログです。

kobo glo

  • 動作は快適。サクサク本読めます(当たり前ですが)
  • 電池が超長持ち。バッテリー持ちの不安がないっていうのはこういうことだと。スマホと比べてさ。
  • サイズがちょうどいい。重さも。軽すぎず、重すぎず、安定感ある
  • まず、本を読む気にする。これ大事
  • そもそも、価格が再販制度で固定されている本を安く買うのが合理的
  • 本の中古価格買取価格って一部希少なものを除いて基本的に超安い。資産的価値が低い割に場所を食う。
  • ま、オークションとかで売ればいいのかもしれないが、それの時間的コスト考えるとマイナスですよ。本末転倒
  • で、本を読めば読むほど、「本」というものが増える苦痛、捨てる苦痛から解放される。
  • その割に、CDは大量にあるんですが、それはそれでよしとしとかないといけない・・・

amazonのkindleを選ばなかったのは、外国企業だから。ただそれだけ。(amazonは日本で納税してなく、国税と戦って勝った
で、koboってカナダの会社だから、カナダの売り上げになってる予感。てか多分そうでしょう(苦笑)
デジタル配信は、配信元がある国に納税だった気がする。特に消費税。

話し戻しますが、個人的には、少額期間限定付与ポイントの使い道として超便利なので、活用できそうです。
楽天ユーザーは、期間限定付与の500ポイントで、本が読める、と。今までは無理してCD買ったりして消化してたけど。

電子ペーパーは読みやすいし、データディスクマンがあった我が家(うちのおやじの異常な最新製品好きなせい)からすると、

「まあ、発展途上だし、amazonとkoboの二強で行くだろうから、どっちかから選べばいいんじゃない?」

っていう感じなのかなぁ、と。安いしね。

まだ、スマホ連携やってないんですが、それやったらまた書いてみます。(ポイントキャンペーン待ち)

Sorry, the comment form is closed at this time.