<3songs>Get Lucky! Daft Punkを3曲で説明してみる

 3songs  <3songs>Get Lucky! Daft Punkを3曲で説明してみる はコメントを受け付けていません。
4月 202013
 

現在のEDM(Electronic Dance Music)ムーブメント(Skrillex、ZeddMadeonなど)の偉大なるインスピレーション源泉である、Daft Punkの新譜「Random Access Memories」(またタイトルが「RAMs」とはかっこよすぎる!)が5月22日に発売が決定され、今度のアルバムのリードシングル「Get Lucky」がリリース!しかも、ディスコやファンクカテゴリーの新譜であることを示唆させています。 ベースのシンコペーション(グルーヴ)が、明らかにそのカテゴリー。モータウン。
しかし、音楽のムーブメントというのは、約10年周期なんだとよくわかる。幼少・少年期に好きで聞きまくってた人が、成長とともに最新テクノロジーと融合して、10代後半に大量デビュー(EDM)みたいな。で、今、Daft Punkに影響を受けた人たちが大量発生している。(EDMにはJusticeを経由している人たちも一杯いるけど)

Daft Punk – Get Lucky ft. Pharrell Williams

いや、これJamiroquai再評価の流れでしょう!(誇大妄想気味)。モータウンの影響が濃厚な1st-2ndアルバムは、リマスターされ再発されているところですし。

で、ダフト・パンク(Daft Punk)は、フランス出身のハウス/フィルターハウス/エレクトロ・デュオで、トーマ・バンガルテル(Thomas Bangalter、1975年1月3日-)とギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト(Guy-Manuel de Homem-Christo、1974年2月8日-)の2人組(以上wikiより)。1994年にシングル『ニュー・ウェイヴ (The New Wave)』でデビューし、今まで3枚のオリジナルアルバムをリリース。
代表作は、2ndアルバム「Discovery」(2001年)。基本的に、1stアルバム「Homework」(1997年)はフレンチハウスの延長線とエレクトロニクスの融合。それを大幅に昇華させたのが2ndアルバム。3rdアルバム「Human After All」(2005年)は当時、不評な感じもしましたが、まさにミュージシャンのためのアイディアの宝庫のようなアルバムです。

Continue reading »