<3songs> The Mars Voltaを3曲で説明してみる

 3songs  <3songs> The Mars Voltaを3曲で説明してみる はコメントを受け付けていません。
1月 272013
 

The Mars Voltaを3曲で説明してみます

マーズ・ヴォルタ(The Mars Volta)は、アメリカのバンドで、2002年にデビュー。6枚のオリジナルアルバムを出しています。
代表作は、2008年の4thアルバムのThe Bedlam in Goliath。現代のプログレッシブ・ロック。

マーズ・ヴォルタの生い立ちは、前身となるバンドはAt the Drive-inというバンドで、アフロヘアの二人、ギターのオマーとボーカルのセドリックが中心となって結成されたバンドです。
個人的には、1stアルバムからシングルEP全部持ってくるくらいのファンで、2003年のサマーソニックで初めて見て、2004年のジャパンツアー。1月7日はShibuya-AX。前座はなんと売れる前のbattles。なんという幸運!。当時のSmashing Mag見ても、「今日はオープニングアクトにバトルズというバンドが出た。」くらいの扱いです。バトル”ス”に統一されてないくらいです。友人と見に行って、AX最前ど真ん中。きつかった。でも、確か当時のバトルスのオフィシャルサイトの写真に自分たち写ってたな。次の日は、名古屋Club Quattro。で、1/10は渋谷Club Quattro。2005年は2月のソニックマニア(当時は、サマソニ前座イベントじゃなくて、真冬のロックフェスだった)、そしてフジロック(多分、このころが最高潮)。多分、そのあとはアルバムがあまり良くなくて2006年、2008年の来日公演はパス。最後に見たのは一昨年の2011年のサマーソニック。ストロークスを4曲で諦めて、走ってマーズ・ヴォルタ見に行ったんだけど、あまり良くなかった。終わったなと思った。

で、なんで今、マーズ・ヴォルタかというと、ボーカルのセドリックが脱退したからです。(ロッキングオンのブログ)。
思い返せば、マーズ・ヴォルタのダイナミズムであった、希代のドラマー、ジョン・セオドアが3rdアルバムレコーディング中解雇されライブ自体が死に始めたんですが、その後、傑作のThe Bedlam in Goliath(4thアルバム)が出てるんですけどねぇ。その後、最初からバンドを支えたアイキー(キーボード)が2011年から離脱し、ついにボーカルのセドリックが脱退してしまったのです。
マーズ・ヴォルタといえば、このツイン・アフロがメインですから、事実上の活動停止でしょう。(もう一人のアフロのオマーは、Bosnian Rainbowsというバンドで去年9月からツアーしてるらしいです)

そんな、マーズ・ヴォルタの3曲を選んでみます。

<1曲目>Cygnus…Vismund Cygnus

2ndアルバムのFrances The Mute (2005年)から。スタジオ・アルバムの曲としては最高傑作。
完璧でしょう。現代のプログレッシブロックです。

Continue reading »

Muse Live at Saitama Super Arena 130111

 Live  Muse Live at Saitama Super Arena 130111 はコメントを受け付けていません。
1月 122013
 

Museさいたま看板
ミューズ。過去に三曲選んでますが、今回一番聞きたいのは、いまだにBliss(2ndアルバム)、次にStockholm Syndrome(3rdアルバム)という、現在から考えると古いファンにあたるのかなぁ、とは思いますが、最新作の「The 2nd Low」は、意外と良くて、新譜を引っさげたライブということで期待して行きました。
思い返してみると、初めてライブ観たのは、3rdアルバム後の今は無き、舞浜の東京ベイNKホール。2004年2月7日らしいです。wikiによると。その頃のライブが最高。多分。曲のバランス的にも。その次は、SUMMER SONIC ’06。暑そうだったな。リンキンパークの前で、アウェイ感と、セットの素朴感が印象に残ってます。その後は、アルバムがイマイチだったのもあって、単独公演はパス。フジロック07は行ってない。フジロック10は仕事忙しくてパス。
ということで、久々のMUSE。さいたまスーパーアリーナも初めて。
ライブ前に鉄拳が登場(PAのとこで観てた)。おでこにMUSEと書いてあった。

名作だよね。
Continue reading »

Les Miserables

 Movie  Les Miserables はコメントを受け付けていません。
1月 032013
 

1月1日は映画1,000円ということで、見てきました。レ・ミゼラブル

結論から言うと、素晴らしい映画でした。ちょっと長いですが。
というか、全然前知識なしで見に行ったんですが、

「ストーリーが完璧すぎる。誰が書いたんだ!!」

というくらい感動したんですが、
原作は、ヴィクトル・ユーゴーの小説なんですね。小説は専門分野外なので…

と思ったら、「ああ無常」なのか!!!
自分の家のクリスマスプレゼントは、
「自分が欲しいもの」「サンタの靴に入ったおかし」「本」「図書券」
だったんですが、小学生の高学年くらいの頃、その中に、「ああ無常」がありました。

母恐るべし。

と、小説好きにならなくて音楽オンリー(たまに映画)ですいません、と思いながら。
そして、全然内容覚えてなくて…(苦笑)
「ジャン・ヴァルジャン」ってなんか聞き覚えあるなぁ、とか思ったけど。。。

今回の映画は、ミュージカル版(ブーブリル&シェーンブルク)を「原作」ですが、(予告編の表記)
(wikiによると、公開後は「作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク、原作:ヴィクトル・ユゴー」の表記に改められたとのこと)
ストーリーが完璧なのは当然として、そこに歌のパワー。
言い換えれば、登場人物の感情表現(ミュージカル要素)も凄かった。

「海外の役者ってこんだけ歌えるんか!」

とか思いながら。(予告編で、撮影時、生録音したっていうのは知ってた。アテレコじゃないんです)

これは、映画館で見たほうがいい映画です。おすすめ。

New year’s reflections [年頭所感]

 Blog  New year’s reflections [年頭所感] はコメントを受け付けていません。
1月 032013
 

あけましておめでとうございます。

正月三が日があと少しで終わりになりそうですが、
特に、具体的な目標とかがないな、と思いながら。
なんとなく思ったことを綴っていきます。

1.初心を忘れない
2.30歳を過ぎ、人生で非常に重要な時期であること。30歳は孔子曰く而立(自信がつき 自立できるようになった)
3.健康は人生で最重要
4.時間はその次に重要。最大の貴重な資源
5.とにかく、目の間に降ってくる課題、問題を適切にクリアし、それを血肉とする
6.余裕があれば、常に教養を深める。音楽、本、旅。

初心忘れないとは、「なぜその職業を選んだのか」とか「どうしてあの時この決断をしたのか」ということ。
30歳前後はこのあたりが重要で、転職する人も多い。
その職業が本人にとって天職でなくとも、役割があたえられ働くことができることは、本来、幸せなことのはず。

個人的には、自分の中のさまざまな「バランス」をできる限り客観的に観察し続けているのですが、
なんとなく、今年は飛躍の年になりそうな気がしています。

初詣は毎年、成田山なんですが、願い事は「湧き出続けるエネルギーが欲しい」。
成田山'13
で、毎年恒例おみくじ。成田山のおみくじの順番は以下のとおりらしいです。
大吉、吉、中吉、小吉、半吉、末吉、末小吉、凶。

遠い昔、大吉出して以来、10年近く吉が続いてましたが、今年は。。。

Continue reading »