<3songs> Valensiaを3曲で説明してみる

 3songs  <3songs> Valensiaを3曲で説明してみる はコメントを受け付けていません。
11月 112012
 

Valensiaを3曲で説明してみます。

前回は、MUSEを3曲で無理矢理説明でしたが、最後が、ブライアン・メイ(Queenのギター)になっちゃって、その流れで、先週(11/9)金曜日のタモリ倶楽部がギターのエフェクター特集で、MUSEはFuzz Factoryっていうエフェクターをギターに埋め込んでいるらしいです。ちなみに、ブライアン・メイの音を再現できるエフェクターはハーモニクスというらしいです。
ギターとは無縁で、幼稚園からピアノ習った視点からすると(ただし、上手ではない。練習大変なんだもん。14年は弾いてないからもう弾けない)、エフェクターとかどうでもいい感じもしちゃいましてたが、ギター一本の人にとっては、こだわりがすごいんだなぁ、とは思いました。タモリ倶楽部見て。まあ、ピアノといっても、ヤマハ・カワイのような誰が弾いても同じような音が鳴るものもあれば、超高価なピアノとか、それぞれの指先のチカラ加減で、不協和音に聞こえるくらい、繊細と言うか、気難しいというか、弾き手の気持ちを倍増するような楽器(それこそアンプ)と理解していましたが、ギターはその要素もあるけど、重要なのはそこじゃない。DJで一人遊びするようになって、エフェクトの意味とかそういうものがわかってきました。(それまでは、「自分の腕で音を変えろよ」とか思ってた」)

話はそれましたが、ブライアン・メイ→QUEENの流れと来たら、Valensiaやっとかないといけないでしょう!ということで

ヴァレンシア(Valensia)は、オランダ出身のミュージシャン。1993年デビュー。今までに6枚のアルバムを出している(Queen Tribute含む)。
代表作は、1枚目のGaia(1993年)。そう、次の曲。

<1曲目>Gaia

近頃、「静かな大安です」(空耳アワーでTシャツ)で、にわかにリバイバルするのか、と思えばしなかったところですが、あの時代、「NOW」っていうヒットソングのオムニバスアルバムが流行っていて、この曲は知ってる人多いんじゃないか、と思います。
(※タモリさん、She is going to die unlessで、gonnaに変わっているとこ気づいてないですが…ま、ブラタモリ録画して全部見てるくらいタモリ好きなんで、そこも愛嬌)

MUSEより遥かかなたの壮大で大仰な世界観。「何もしないと地球が死んじゃう(=She is going to die unless)」だからね。
基本、MecanoのHijo de la Lunaなんですけど、めっちゃ流行った。この曲。

Continue reading »

MP3とiTunes環境をNASにしてみた(1)

 Blog  MP3とiTunes環境をNASにしてみた(1) はコメントを受け付けていません。
11月 112012
 

11月3日の楽天買いまわりマラソンで揃えた機器をこの週末で組み立ててみました。

NAS(Network Attached Storage)とは、簡単に言うと、家のネットワーク上(LAN上)にハードディスクドライブを置いて、LAN上のどこからもアクセスできる機械です。
NASはBuffaloのはトラブルが多いとの噂があったので、I-O DATAのLANDISK(HDL2-A2.0)(写真右)を選んでみました。NAS内でミラーリング(容量を半分になるけど、同じデータを二つのドライブで管理するので、どちらかのドライブが壊れても片方が生きていれば大丈夫なやつ)も考えたんだけど、NAS自体死んだ場合のカバーで、NASからUSB接続で外付けHDD(写真左)に1日おきにバックアップするということにしてみました。(よく考えたら、ぶっ壊れたのに気づくの遅かったら、ぶっ壊れたデータをバックアップしちゃってのなんの意味もなくなるんじゃないか、とか思ったり)
それにしても、デスクトップPCからファイル移行(MP3ファイルだけで106GB。約20,000ファイル。フォルダー数は2,240。)だけで11時間ぐらいかかる…無線LAN経由だからかなぁ、とか思ってたら、どうも無線LAN親機自体がボトルネックになっていることに気づく。最新機種に買い替えだな。
その後、iTunesでファイルを再読み込み。6時間くらい?
基本的に、再生回数とかの連携は捨ててます。

デスクトップPCでの再生自体は、快適。違和感なし。
でも、AVアンプやPS3からのDLNA経由操作があまりに遅すぎる。
これが、MarantzのNR1602
結局、デスクトップPCからAirplay(iTunesから対応機器にデータを飛ばせる)が一番快適な環境と言う…。NAS自体も「基本1万ファイル以内」とか書いてあったり、どうも曲数が多すぎるみたいです。なので、快適にNAS上の曲を流すためには、音楽管理ソフト(iTunesとか)でデータベースを構築した上で、AVアンプに飛ばして流すというのが基本路線なのかなぁ、と。
ということは、この前買ったXperia VLがAndroidですが、いいソフトがないかなぁ、と思ったけど今のところ見つからず。
とりあえずスマートフォンからAVアンプのコントロールできるソフト入れてみる。
AVアンプ自体、テレビのラックに入る大きさっていう制限で、NR1602になった経緯もあるけど、結局、大量のファイルをサクサク動かす仕組みがないと、うまく動かないんじゃないか、と。
なので、結局「iPhone5」にすればよかったんじゃないか!とか(笑)。

いや、規定路線としては、タブレットPC(iPadとか)がリビングを制覇するのは間違いないので、タブレットPCでコントロールしてAirPlayするしかないのかなぁ、と。というか、DLNA1.5があまりにダメすぎる気が…それとも、自分の設定が悪いのかなぁ。うーん、難しい。

とりあえず、(1)ということで、改善努力の行方は(2)へ。(とりあえず、無線LAN置き換えてみる気はしている)