<3songs> Museを3曲で説明してみる

 3songs  <3songs> Museを3曲で説明してみる はコメントを受け付けていません。
10月 282012
 

Museを3曲で説明してみます。

来年1月に来日公演が決定したので書いてみます。(アリーナスタンディングで先行予約したら外れた…一般発売か…)

ミューズ(Muse)は、UKの3人のロックバンドで、1998年にメジャーデビュー。6枚のオリジナルアルバムを出しています。代表作は、2003年の3rdアルバムのAbsolution。
Museは、Vocalのマシュー・ベラミー(ケツあご←ほめ言葉)がピアノから吸収したと思われるクラシックの音楽性をベースとした、ロックバンドです。
ポピュラーロックのシーンでは異質と言われる彼らですが、似通っている大仰な音楽であるクラシックを基盤としたプログレ→へヴィメタルの流れとの違いは、3~4分で曲を完結させていることと、風貌が一般的なことなんじゃないかと思っています。。
最近よく思うのは、ミュージシャンのファッションは、ファン層に非常に大きな影響を与えるのではないか、ということ。イケメンなら、女性ファンがつくし、B-BOY風ならそっちにうけるし、ダサい田舎の大学生みたいなインディバンドは、マニア受けする。(←だいぶ、細かいところ端折って簡略化してますので、そのところご了承いただきたい。大雑把な考え方です。)

Museはライブバンドとしても評価が高いですが、それは2004年のグラストンベリー(イギリスのフェス)のヘッドライナーを機にそう呼ばれるようになったと思います。なので、映像はすべてライブ映像でいってみようと思います。

<1曲目>Bliss

2ndアルバムのOrigin of Symmetry (2001年)で、シングルにもなっている曲。ライブでは定番。
同アルバム収録の超代表曲のPlug In Babyをあえて外して、この曲にしてみました。
アルペジオのイントロ、Verse部分(日本語ではAメロ)と、パワフルな高揚感溢れるChorus部分(サビ)の対比が素晴らしい。

Continue reading »

渋い!センスがいい!Dubyな「Janice Graham Band」

 New : Rock-Indie  渋い!センスがいい!Dubyな「Janice Graham Band」 はコメントを受け付けていません。
10月 282012
 

最近、エレクトロハウスばかりだったので、毛色が違う音楽を。
今年の春ぐらいにタワレコで試聴して即買したデビューアルバム。Janice Graham Band。
あのAcid Jazzレーベルからデビュー。(それが目を引いた理由。Jamiroquai好きだもんね。)

で、若干21歳のメンバーから鳴らしているとは思えないセンスの良さ。マンチェ出身。
しかし、オフィシャルホームページ消えちゃったし、Facebookもいなくなった。んー、解散?
来年のフジ来るだろうと思って楽しみにしてんだけど。

JANICE GRAHAM BAND – NO MONEY HONEY

このトランペットだけで逝ける。

Continue reading »