<3songs> Museを3曲で説明してみる

 3songs  <3songs> Museを3曲で説明してみる はコメントを受け付けていません。
10月 282012
 

Museを3曲で説明してみます。

来年1月に来日公演が決定したので書いてみます。(アリーナスタンディングで先行予約したら外れた…一般発売か…)

ミューズ(Muse)は、UKの3人のロックバンドで、1998年にメジャーデビュー。6枚のオリジナルアルバムを出しています。代表作は、2003年の3rdアルバムのAbsolution。
Museは、Vocalのマシュー・ベラミー(ケツあご←ほめ言葉)がピアノから吸収したと思われるクラシックの音楽性をベースとした、ロックバンドです。
ポピュラーロックのシーンでは異質と言われる彼らですが、似通っている大仰な音楽であるクラシックを基盤としたプログレ→へヴィメタルの流れとの違いは、3~4分で曲を完結させていることと、風貌が一般的なことなんじゃないかと思っています。。
最近よく思うのは、ミュージシャンのファッションは、ファン層に非常に大きな影響を与えるのではないか、ということ。イケメンなら、女性ファンがつくし、B-BOY風ならそっちにうけるし、ダサい田舎の大学生みたいなインディバンドは、マニア受けする。(←だいぶ、細かいところ端折って簡略化してますので、そのところご了承いただきたい。大雑把な考え方です。)

Museはライブバンドとしても評価が高いですが、それは2004年のグラストンベリー(イギリスのフェス)のヘッドライナーを機にそう呼ばれるようになったと思います。なので、映像はすべてライブ映像でいってみようと思います。

<1曲目>Bliss

2ndアルバムのOrigin of Symmetry (2001年)で、シングルにもなっている曲。ライブでは定番。
同アルバム収録の超代表曲のPlug In Babyをあえて外して、この曲にしてみました。
アルペジオのイントロ、Verse部分(日本語ではAメロ)と、パワフルな高揚感溢れるChorus部分(サビ)の対比が素晴らしい。

Continue reading »

渋い!センスがいい!Dubyな「Janice Graham Band」

 New : Rock-Indie  渋い!センスがいい!Dubyな「Janice Graham Band」 はコメントを受け付けていません。
10月 282012
 

最近、エレクトロハウスばかりだったので、毛色が違う音楽を。
今年の春ぐらいにタワレコで試聴して即買したデビューアルバム。Janice Graham Band。
あのAcid Jazzレーベルからデビュー。(それが目を引いた理由。Jamiroquai好きだもんね。)

で、若干21歳のメンバーから鳴らしているとは思えないセンスの良さ。マンチェ出身。
しかし、オフィシャルホームページ消えちゃったし、Facebookもいなくなった。んー、解散?
来年のフジ来るだろうと思って楽しみにしてんだけど。

JANICE GRAHAM BAND – NO MONEY HONEY

このトランペットだけで逝ける。

Continue reading »

大掃除の季節

 Blog  大掃除の季節 はコメントを受け付けていません。
10月 202012
 

毎週キラーチューンを発掘できるわけでもなく、音楽なしでも書いてみる。

最近、大掃除を毎週末してます。
大体、年末年始は寒くて、掃除する気もおきないので、基本このくらいの時期と、梅雨前あたりが衣替えも含めて大掃除なのかなぁ、と。

(大掃除のBGMは、最近発売されたZedd – Clarityを流しながらが基本です)

↑名曲だね!

で、今日は布団干したり、クールビズ関係洗濯して衣替え。

で、風呂掃除。これメイン。
風呂掃除は、「外側」と「内側」があって、外側は、当然毎週洗ってるんですけど、風呂桶の裏側っていうのが超汚いのね。
あそこはカビの発生源になってるので、定期的に徹底的に掃除しないといけないわけです。
エプロン外したら、皆さんテンション激下がること間違いなし。

きれいになってるけど、食事中の人は見ないほうがいいかも…

Continue reading »

Luxman DA-100!!

 Blog  Luxman DA-100!! はコメントを受け付けていません。
10月 172012
 

楽天のポイントキャンペーンで調子に乗ってLuxman DA-100を買っちゃいました。
USB D/Aコンバーターってやつですね。

もうね、独身の既成事実の作成まっしぐら。
(結婚とかすると、新たな趣味に資金投入できないでしょう…多分)
知り合い曰く、楽器とか弾く人は、結婚前に100万の楽器とか買う人よくいるらしいし。
(世間一般かは知りませんが)

サイズはベリーコンパクト。縦7cm。
ケーブル類も、ちょっといいやつ買ったんだけど、別で買った(ポイントの関係)んで、アンプが先に届くなんて…ま、とりあえず、持ってるケーブルで接続。

おお!音がいい!!(←当たり前)
あまり高価なヘッドフォンは持ってないので、長年愛用しているゼンハイザーのHD580で視聴。
(今まで、パッド二回交換。ケーブル二回交換。多分、新品買えます。そのお金で)

上から下まで非常にバランスがよくなりますね。
音場は左右も広がりますが、思いっきり前後に広がります。

ウルトラゾーンのDJ1で聞いてみたら、
やっぱ音場広がって、解像度も高いし、エレクトロ系専用機にも相性がいいね!

Continue reading »

色恋ばかり歌ってるのはJ-popだけじゃなかった。Totally Enormous Extinct Dinosaurs

 New : Dance & Electronica  色恋ばかり歌ってるのはJ-popだけじゃなかった。Totally Enormous Extinct Dinosaurs はコメントを受け付けていません。
10月 142012
 

多分、ロッキングオンとかそういう雑誌のせいなのか、「反体制」とか「反戦」とか社会運動と音楽は確かに密接してた時期がある。
しかし、日本の歌謡曲に至っては、恋愛の歌ばっかで、なんかうんざりしていたというか、
「同じような歌詞でメロディじゃないか」と思ってたんだけど、エレクトロ・ハウスとか、モロ色恋ばっかなんじゃないか、と。

で、BBC聞いてて流れてきた歌は「Your Love」

Totally Enormous Extinct Dinosaurs(長いのでTEEDが略)とか、衣装が面白いなぁ、と思ってて。

ジャミロクワイのジェイケイ(下の画像)っぽいなぁ、と思ってたけど、

googleとかで検索したら、こりゃ、小林幸子なんじゃないかと。最終的に舞台の一部になってくる気がする。

Continue reading »

Mumbai Science – Lotus とモヒートと三連休

 New : Dance & Electronica  Mumbai Science – Lotus とモヒートと三連休 はコメントを受け付けていません。
10月 082012
 

とりあえず、ノーベル生物学賞ということで、サイエンス。ムンバイ・サイエンス。(※生物学=Biology)

↑新曲ね。Unite。

それよりぶっちぎりでいい曲は、Lotus。

いやー、最高でしょう。この曲。ケミカルっぽいのかな。Soulwaxというか2many djsっぽい雰囲気あるんだよなぁ。
とか思ってたら、オフィシャルによると、Soulwax, Boys Noize, Tiga, Erol Alkan, Mixhell and Jaymo & Andy Georgeあたりの錬金術師の影響なんでしょうかね。
※この日記は音楽で聞き流す感じでお願いします。

ムンバイ・サイエンス。タイあたりで年末やってくれないかねぇ。去年バンコクが年末(日本はクリスマス)。
ムンバイってインドの都市名だけど、ベルギーらしい。
最近、有名ミュージシャン(DJ)のリミックスコンテストで、ショウ獲ってデビューしてる人多い気がする。(Madeonもそう。PendulumのThe Island)

三連休は、Wii U予約しに行こうかと思ったけど、ヨドバシが予約中止で、とりあえず様子見。
多分、当日でも全然問題ないと思うけど。
毎晩モヒート、モヒート、モヒート。映画レンタル。101日目、デビル(原作シャマラン)、ソナチネ(北野武)。
で、トロン。やっと見ました。やっぱ、映像のみだね。あの映像の構築美(というかダフトパンク)オンリーなのは潔い。
その他、溜め撮りしてた映画を結構見た。

オルフェーブルの凱旋門賞は絶叫したね。あれ、絶対勝ったって思ったもん。恐るべしロンシャン(フランスの競馬場)。
次は勝てる気がする。

そんな感じで三連休は終了。
次は、エレクトロじゃないミュージシャンも書きたいところ。