<3songs> Radioheadを3曲で説明してみる

 3songs  <3songs> Radioheadを3曲で説明してみる はコメントを受け付けていません。
7月 152012
 

Radioheadを3曲で説明してみます。

レディオヘッド(Radiohead)は、UKのバンドで、1992年にメジャーデビュー。8枚のオリジナル・アルバムを出しています。
代表作は、(あえて一枚を選ぶとすれば)1997年の3rdアルバムのOK Computer。
レディオヘッドは、90-00年代を代表するバンドであり、8枚ものアルバムから3曲だけ選ぶのは、根本的に無理な気がします。
ここでは、初期のギターロックからエレクトロニカへの接近に絞って行こうかな、と思います。

<1曲目>My Iron Lung

1995年の2ndアルバムThe bendsのリード・シングルになるのかな。
This, this is our new song. Just like the last one. A total waste of time. My iron lung.
っていう一節が曲にあるんですが、それが印象的で、勝手にそう思ってるのかもしれません。
レディオヘッドは、細かくインタビューとか追ってないので、そのあたりはよく知りませんが。
話戻って、ロックカテゴリーの曲の中でもトップクラスの名曲だと思います。
ある種、「静と動」が対比的に置かれる、典型的な曲構造ですが、3本の絡み合うギターの音が素晴らしい。
The bends自体、アルバムとして大傑作で、ファンでも1番にあげる人が比較的多い印象。
名曲揃いのアルバムなので、今でもたまに聞きかえします。
(自分は、所有CDが1,000枚を超えたあたりから、ほとんど聞きかえさないアルバム多数。音源だけで52日分=1,248時間あるので…)
Continue reading »